このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生活費の3ヶ月分程度の貯蓄を銀行にする 最低限の備えは必要、でも備えすぎは非効率

資産運用の手順」の「生活費の3ヶ月分程度の貯蓄を銀行にする」の補足です。

借金の無い状態になった人が、次に目指すのが、ある程度の額のお金を準備する事です。
この目的は何かというと、急なまとまった出費に備えるためです。

まあ、現金で持つ必要は無いので、通常は銀行の普通預金に貯める事になります。

ある程度の貯蓄が必要なのは、誰もが同意してくれることでしょう。
失業とか、病気とか、自然災害とか、家電や車の故障とか、まとまった額の支出に備えるのは大事な事です。

問題は、どの程度の額を普通預金で持っていればいいのかという点でしょう。
個人的には、生活費の3か月分程度でいいのではないかと思っています。

家庭によって違いますが、50万円から100万円程度でしょうか。
これ以上にお金が貯まった場合は、資産の運用にまわしてください。

用意した3か月分の生活費で足りない場合は

生活費の3か月分と言うと、ちょっと少ないように思う人もいるでしょう。
でも、この程度用意していたら、心配は入らないと思います。

というのも、一括で多額の支払を急に求められるケースというのは、それほど多くないからです。
ある程度の出費が必要なケースでは、事前に支出があることが予想されている場合がほとんどです。

例えば、大学の学費は私立大学の場合年間100万円程度かかります。
しかし、お金がいつ必要かは、子供の年齢から簡単に逆算できますよね。

住宅のような高価なものを買おうと言うときも、突然何百万円も必要になるわけではありません。
住宅の購入は、普通は何年も前から準備します。

急な出費に限定すると、多くの場合、数十万円程度の金額でまかなえるのです。
少なくとも、その程度の額が現金で用意できれば、当座はしのぐ事が出来ます。

そして、どうしても足りないようなら、資産運用しているお金から取り崩せばいいのです。
例えば、投資信託とか株式なら、数日もあれば簡単に現金化できます。

備えすぎは非効率

多額の現金を銀行に入れておくというのは、持っているお金を有効に活かせていないということでもあります。
メガバンクの預金なんて、定期預金でもほとんど利息がつきませんよね。

今回書いたような、必要最低限のお金を除いては、もう少し有利な金融商品で運用したいものです。

お金を運用するという話を聞くと、損をするのではないかという不安を感じる人もいるようです。
でも大丈夫です。

元本保証の商品でも、メガバンクの定期預金よりずっと有利な商品が存在します。
必要以上に、銀行に有利な取引をしてあげる理由は何もありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。