このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

新聞やテレビの報道を見ていると株価は常に下がっているような気になってくる

テレビや新聞で株価の事を詳しく伝えるのは、株価が上がった時よりも下がった時の方が多いように思います。

何か事件があって株価が下がると、「株価にもこんなに影響しています」といった感じで伝えますよね。あるいは、「株価が下落してGPIF の運用する年金の評価損が○○円出ています」というような伝え方をすることもあります。ちなみに、GPIF は公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人という組織です。

その一方で、株価の上昇を伝えるのは、何かの記録が出た時くらいです。〇〇年ぶりの高値とか、○連騰記録といった時くらいでしょう。日経平均が大幅に上がってGPIF に大きな評価益が出ていても、それを伝えることはあまりありません。

これって、何故なんでしょうね。株価の下落を、マスコミが政権批判的に使いたいと思っているのでしょうか。あるいは、単に、株価が下落したというニュースの方が読者や視聴者の反応が良いのでしょうか。

株価が上がっても無意味という報道をしたがる

ああ、そういえば、第2次安倍内閣の最初のころに、「株価が上がっても庶民には関係ない」なんて報道をしていた時期もありましたね。上がったら上がったで、何の意味も無いというような印象操作をしたかったみたいです。

このケースは、ほぼ間違いなく、政権の印象を悪くしたかったのでしょうね。少なくとも、政権が国民にプラスになる事をしたという印象を与えないようにしたかったのだと思われます。

しかし、実際には、株価の上昇は私たちにとってメリットです。例えば、最近は公的年金も株式で運用されています。つまり株価が上がると、上で挙げたGPIF の運用成績が良くなるのです。

また、株価と雇用には関係があるという主張もあります。例えば、次のようなツイートが参考になるでしょう。

こういう事実を無視して、株価が上がっても無意味だと言いたがっていたわけです。もう、マスコミって。

日本の株が下がり続けている印象を持つ可能性も

まあ、マスコミがどのように報じるかは、基本的に彼らの自由だとは思いますよ。でも、これが原因で判断を誤るとなると、私たち自身の経済的な損失となるので注意が必要です。

例えば、報道だけで日経平均株価の情報を得ていると、株というのは下がってばかりというすりこみがされそうですね。そうなると、株なんて買おうとは思わないでしょう。

それだったら、ニュースでの株価の報道なんて、全くない方が望ましいのかもしれません。結局、一般の人たちに株は危ないという印象を一方的に与えているのは、マスコミの皆さんなんじゃないかと思えてきました。

確かに株式投資にリスクはありますが、マスコミのせいで実態以上に危ない物だと思っている可能性がありそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。