このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投資と投機はきっちり区別することが大事| 投資だと思って投機をして笑えない結果になる事も

資産運用をするときには、投資と投機の違いを理解しておくことが重要です。自分は投資をしていると思っていたのに、実はギャンブルに近い投機をしていたなんて笑えない例も多いですからね。

ちなみに、投資と投機を私なりに説明すると次のようになるでしょうか。

投資:買って持っていることで利益を狙う事。確率的には儲かる事が多い。株式や投資信託を買って長期保有するというのは、投資にあたる。

投機:タイミングを計って売買して稼ぐもの。確率的には儲かる確率も損をする確率も五分五分程度という事が多い。手数料の分だけ損をする。ギャンブルとほぼ同義と考えても良い。デイトレードなどの株式の短期売買やFXは投機にあたる。

FXや株式のデイトレードなどは、投資だと思ってやっている人も多いでしょう。でも、これは投機で、投資とは明確に区別しないといけません。というのも、投機だと手数料の分だけ損をする可能性が大きいからです。基本的には儲かる投資とは全然違います。

ちなみに、投資と投機は厳密に分けることは難しい場合もあります。例えば、株式の長期保有は投資と言えますが、安い時に売って高い時に買おうとタイミングを狙えば投機と言えなくありません。つまり、投資であり投機でもあるというケースが存在するわけです。

あと、勘違いしてはいけないのですが、投機と言うのは必ずしも悪いものではありません。長期の株式投資で株式を売買するタイミングを選んだところで、非難されるようなものではありませんよね。上手くいくと、投機で大儲けすることができる場合もあります。

ただ、投資的な部分が小さい投機だと、必ずしも有利でないという点には注意する必要があるでしょう。いわゆるデイトレなどです。こういうものを投資だと思ってのめり込むと、長期的には大損をすることもあり得るわけです。所詮はギャンブルだからです。

アイドルを使って投機を投資に見せかける?

最後に、本来は投機と考えるべきものを投資と見せかけている例を一つ紹介しましょう。

乃木坂46の高山一実というアイドルが、投資に関する本を出したのだそうです。その中で、マネーパートナーズの方から運用を学び実際に金で運用してみたのだとか。1

でも、金の運用を投資と考えるのは、ちょっと無理があります。というのも、金と言うのは持っていれば価値が上がるというたぐいのものではないからです。実際、1980年以降の金価格(米ドル)とアメリカの消費者物価指数を調べてみましたが、金価格の上昇はアメリカの消費者物価指数に大きく負けていました。

もちろん、タイミングを計って金の売買をすれば、金で儲かることもあります。でも、それって、投資じゃなくて投機ですよね。

ただ、このアイドルはこれを投資だと思っているようです。その証拠に、「投資はギャンブルみたいなものだと思っていたんですけど、全然違いました。毎日やるのが大事ですね」というコメントをしています。

この本がどんなものかは詳しくは知りません。しかし、世の中には、本来は投機であるのに投資であると見せかけようとするものがきわめて多いようです。投機という言葉は、投資に比べて印象が悪いのでしょうね。

もちろんこの人自身は、言われるがままにやっているだけなのでしょうけど。


  1. 高山一実リハ中も投資で利益 貯金額は同世代の5倍
    日刊スポーツ 10/1(日) 19:53配信 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。