このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

資産効果って何だ?| 株価や不動産価格が上がると消費も増えるって事だね

テレビのニュースや新聞の経済記事などで「資産効果」という言葉が使われることがよくあります。例えば、日経新聞の記事の中では、次のような使われ方がされています。

消費動向では節約は維持しながらも、株高などの資産効果を背景に「ハレの日消費」や必要な物にはお金をかける前向きな動きが見られる。1

でも、資産効果ってどのようなものなのでしょうか、使われる頻度が高い割には正確な定義が知られていないような気がしませんか。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の定義

ブリタニカ国際大事典では、次のように定義されています。

資産の保有が消費支出に及ぼす効果のことで,所得が同一であれば,保有する資産が多いほど消費者は消費支出を高めることになるというもの。これを流動資産である貨幣についてみてみると,かりに名目的な貨幣存在量が一定であるとしても,価格水準が低落すれば貨幣の実質価値は増大し,これが消費支出を高める方向に作用することになる。この貨幣の実質価値の増大が消費支出の増加に及ぼす効果を D.パティンキンは実質残高効果と名づけた。この効果は先に A.C.ピグーによっても提唱された。この実質残高効果は消費関数論争において,流動資産仮説の中に取入れられている。

「所得が同一であれば,保有する資産が多いほど消費者は消費支出を高める」というのは、例えば、所得が上がらなくても不動産や株などの資産が増えれば消費が増えるという事ですね。

ちなみに、株式や不動産などの資産が増えるためには、必ずしも新しい株式や不動産を買います必要はありません。株価や不動産の時価が上がれば、資産は増えたと考えて良いからです。

そう考えると、最初に引用した記事の「株高などの資産効果を背景に…お金をかける前向きな動き」という表現も理解できるはずです。株高で株式を持っている人の資産が増えたので、資産効果によりお金を使うようになったというわけです。

株高は庶民と関係ないという主張は嘘って事か?

よく、「株価が上がっても庶民には関係がない」というようなことを言う人がいます。でも、資産効果と言うのが実際にあるのなら、これは嘘であることが分かります。

株価が上がれば、株式を持っている人たちはお金を使うようになります。消費が増えれば企業の業績が良くなります。企業の業績が良くなれば、雇用だって改善するでしょうし賃金も上がるでしょう。

ということは、株高は多くの人にとってプラスであるという事ですね。不動産価格の上昇の場合は、単純にみんなにとってプラスとは言えませんけどね。特に、不動産を購入したい人にとっては。

  1. 街角景気 6月0.2ポイント上昇 5県 「ハレの日消費」に動き
    日経新聞電子版 2017/7/11 6:00 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。