このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

10年もの個人向け国債って、かなりお得なんじゃないの?

10年物の個人向け国債の金利の決まり方が変更になったようです。
投資家にとって有利な変更です。

これにより、安全に運用したいお金は、個人向け国債の10年ものに入れておけば良くなったような気がします。
もともと、個人向け国債は有利な商品ですしね。

さらに言うと、今回の変更により、3年程度の運用期間でも10年もの個人国債で良いかもしれません。
これに関しては、後半で説明します。

何にしても、今後資産運用を考えるときには、先ず個人向け国債を思い浮かべるといいでしょう。
かなりおすすめです。

いつでも解約できるのが個人向け国債の魅力

個人向け国債をおすすめする最大の理由が、解約のしやすさです。
これは、以前から個人向け国債の大きなメリットでした。

個人向け国債の10年ものの場合、購入から1年が経過した後は、一定の手数料うことで額面金額での換金が可能です。
ちなみに一定の手数料と言うのは、10年物の場合「直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.8」です。

要するに、直近1年分の金利の8割の手数料で換金に応じると言う意味です。
という事は、購入から1年経過した後は、元本割れすることなく換金できるわけです。

これは、かなり大きなメリットです。

金利の決まり方が有利になった

次に、金利の決まり方が以前に比べて有利になりました。
今回の変更点ですね。

具体的には、次のように変更になっています。

以前の計算方法:基準金利-0.8%
現在の計算方法:基準金利×0.66

ちなみに、基準金利というのは、次のように説明されています。

「マウンテン変動10年」の基準金利は、利子計算期間の開始時の前月に行われた、10年固定利付国債の入札(初回の利子については募集期間の開始直前に行われた入札)における平均落札価格を基に計算される複利利回り(小数点以下第3位を四捨五入し、0.01%刻み)の値です。

ちょっと説明が分かりにくいので、具体的な数字で示してみましょう。
財務省のホームページによると、直近の基準金利は1.09%でした。

これを基に、直近の10年ものの個人向け国債の金利を計算すると、年利で0.79%となります。
しかし、仮に以前の方法で計算されていれば、0.29%しか利息は付きませんでした。

つまり今回の変更で、0.5%も金利が有利になった事がわかります。
これを見れば、一目瞭然で、新しい計算方法の方が有利な事がわかります。

もちろん、長期金利が上がると、以前の計算方法の方がいいことになります。
でも、そのときには、個人向け国債を換金して、別の金融商品に乗り換えればいいだけの話です。

私達にとって、不利な点はほとんどありません。

ちょっと計算してみよう

さて、これをもとに、銀行の定期預金などと比較をして見ましょう。

例として、300万円を3年間、安全に運用する事を考えてみましょう。
メガバンクの定期預金、ネット銀行の定期預金、10年物の個人向け国債の3つで比較します。

計算が面倒なので、銀行の金利は単利として計算させていただきます。
また、簡単のために、税金は無視して計算します。

●メガバンクの場合

これを書いている時点のみずほ銀行の金利を見ると、300万円預けた場合の3年定期の金利は0.050%です。
つまり、年間1,500円の金利が付く事になります。

ですから、3年の運用で、300万4500円になります。
要するに、ほとんど増えません。

●ネット銀行の場合

住信SBIネット銀行の場合、300万円預けた場合の定期預金の金利は0.291%です。
300万円に対して、年間8,730円の金利が付きます。

ですから、3年の運用で、302万26190円になります。
まあ、何も考えないでメガバンクに預けるよりはマシですね。

●個人向け国債の場合

金利は変動するので実際にはどうなるか分かりません。
現在の0.79%という金利が3年間続くものとして計算しましょう。

まあ、普通はここからそんなに金利が下がる事は無いでしょう。

この仮定で計算すると、投資額の300万円に対して、毎年2万3700円の金利が付きます。
ということは、3年の運用で、7万1100円の金利がもらえる計算になります。

しかし、個人向け国債の場合は、中途解約には手数料がかかります。
それを考慮すると、最終的には305万2140円になります。

メガバンクの定期預金を利用するなんて…

細かい点は省略して考えていますので、実際には数字は少し変わってきます。
しかし、それでも、個人向け国債が圧倒的に有利なのは、上の結果を見れば一目瞭然です。

逆に言うと、メガバンクの定期預金なんて組むなんて、全く考えられない話です。
元本保証で有利な商品が他にあるのに、それに全く興味を示さないのですから。

お金のことが嫌いなのかとすら思ってしまいます。
ちょっと言いすぎですかね。

まあ、考え直してみる価値は有る問題だと思います。


個人向け国債で資産運用するのは賢い選択| 特に「変動10年」がおすすめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。