このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

丸紅ってすごい資源の権益を持っている会社なんだね

丸紅が1,200億円の損失を計上したそうです。どうやら、資源価格が下がったことを受けて、減損処理をしたようですね。1

それにしても、1,200億円の損失の主な部分が資源価格の下落だとすると、丸紅は相当たくさんの資源を持っていることになります。

商社には資源株という側面もあるようです

商社の仕事というのは外部の人間には分かりづらいのですが、実は資源に関するビジネスの割合がかなり大きいようです。自分たちで原油や鉄鉱石などの権益を保有しています。

そのことが裏目に出て、今回は利益を減らすことになるということですね。

ちなみに、具体的にどの程度の資源の権益を持っているのか、チェックしてみました。

丸紅のサイトの財務諸表というページを見ると、1兆3000億円の有形固定資産を有しています。これのかなりの部分が資源なのではないでしょうか。

まあ、有形固定資産としか書かれていませんから、正確な部分はわかりませんけどね。ただ、1,200億円の損失が出るということは、このくらいの資産を持っていないと話があいません。

1兆3000億円というとかなり大きい資産のようにも思えます。ただ、丸紅全体では7兆7000億円もの資産があります。ですから、全体から見ると一部ということが言えそうですね。


  1. 資源価格下落 丸紅1200億円の損失計上
    日本テレビ系(NNN) 2016年4月18日 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。