このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ファンド型の投資商品でトラブルが急増 昔から良くある手口ですけどね

ファンド型投資商品に関するトラブルが急増しているそうです。
ファンド型投資商品というのは、個人などからお金を集め何かに投資し、その利益を分配するというものを指しているようです。

この手の商品で先ず思いつくのが、投資信託ですね。
投資信託の場合は、集めたお金で株やら債券やらを買って運用します。

ただ、お金を集めて投資をするということなら、株や債券に限る必要はありません。
投資をする事で利益を生む可能性があれば、ありとあらゆるもので同様の仕組みを利用できます。

神奈川新聞の記事の中では「二酸化炭素排出権取引」「鉱物採掘権」「水資源開発への投資」などのトラブルが多いと紹介されています。

ファンド型投資商品では「二酸化炭素排出権取引」や「鉱物採掘権」「水資源開発への投資」などが多く、消費者からは「業者の話を信用して買い増しても大丈夫だろうか」などの相談が寄せられたという。
資産運用トラブル急増、市消費生活相談センター調査/横浜

問題は、この手の商品を信頼していいのかという点でしょう。
まあ、常識的に考えれば、やめておいたほうが無難でしょうね。

まず、最初から投資なんてするつもりなんて無い、詐欺的な商品の場合があります。
投資家からお金を集めて、持ち逃げしてしまうような会社です。

そんなところに投資したら、100%アウトです。

仮に、ちゃんと投資するつもりでも、事業がうまく行く可能性は大きくありません。
だって、うまく行くような事業だったら、銀行から借入をしますよね。

低金利のこのご時勢です。
資金調達で銀行を選ばないと言う事は、銀行から借りられないようなビジネスだと考えるべきです。

ファンド型を選ぶと言う事は、資金調達にかなりのコストがかかりますからね。

何にしても、素人が手を出すような商品ではなさそうです。
情報がオープンになっていて、リスク評価がしやすい、投資信託くらいで満足しておきましょう。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。