このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

銀行預金の金利が下がるのはたいした問題ではない| 一番の問題は物価上昇に対して金利が低いこと

日銀がマイナス金利になった影響で、一部の国債の金利がマイナスになっています。その影響を受けて、銀行の預金金利が引き下げられているようです。

マスコミはこのことを大々的に報じています。自民党、特に安倍政権が嫌いなメディアは、庶民をいじめる政策として、ここぞとばかりに悪く書いているようですね。

たいした問題ではない

ただ、銀行の預金金利が下がるのは、実はたいした問題ではありません。マスコミが騒ぐほどの悪影響は無いはずなのです。

なぜたいした問題では無いかと言うと、国債の金利がマイナスになる以前から、銀行の金利は低かったからです。いまさら金利が下がったところで、別にどうということはありません。どっちにしてもゼロ近辺の金利ですからね。

率直に言って、マスコミが何であんなに騒いでいるのか、さっぱりわかりません。少なくとも、銀行預金の影響に関しては、誤差のような話です。

個人の預金金利がマイナスになったら、もちろん大問題ですけどね。そうでない限りはね。

インフレの方が遥かに問題

冷静に考えてみると、銀行預金の金利が若干下がることよりも大きな問題があります。今の預金金利よりも、物価上昇が遥かに高いことを心配するべきでしょう。

物価の上昇は、コアコアベースで見ると、年1%前後で推移しています。銀行預金の金利がゼロだとすると、銀行預金の価値は毎年1%ずつ減っていくということですよね。

仮に1,000万円の預金があるとすると、年に10万円損をするということです。

これは、わずかな金利が受け取れない以上の大問題であることは明らかでしょう。毎年10万円損するって、結構なダメージのはずですからね。

預金金利の下落よりもインフレを気にしましょう

それなりに預貯金がある人なら、預金金利が下がることよりもインフレの方が問題でしょう。100万円の現金・預金を持っているだけで1年で1万円損をするというのは、なかなか大変なことですからね。

日銀がインフレを目指すといったときには、半信半疑だった人が多いでしょう。しかし現在は、目標にしたほどではありませんが、確かにインフレになっています。

そして、金融政策が雇用に効く事が確かめられたので、今後の政権でも緩やかなインフレという政策は続けられるでしょう。

ということは、実際にインフレに成り今後もそれが続くと予想される以上は、そのことに対処しないといけません。これからの資産運用ではインフレ対策を考慮する必要がありそうですね。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。