このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

郵政株買ったヤツ、息してるか?| やっぱりIPO直後に売っておくのが正解でした

3ヶ月ほど前に上場された郵政3社ですが、その後の株価はどうなっているのでしょうか。気になったので、ちょっとチェックしてみました。

結論から書いてしまうと、3社とも見事に大幅下落していました。本当に3つとも、かなり大きく下がっています。

日経平均と比べても大幅下落

もっとも、ここ最近は、日本株全体が下がっています。もしかしたら、他の株と同程度に下がったのかもしれません。

そこで、Yahoo!ファイナンスを使って、日経平均と郵政3社の比較をしてみました。次のチャートがYahoo!ファイナンスのハードコピーです。

ちなみに、グラフの色はそれぞれ、次のように対応しています。

  • 黄色:日経平均
  • 青:ゆうちょ銀行
  • 赤:かんぽ生命
  • 緑:日本郵政

こうやって見ると一目瞭然ですね。3社とも日経平均と比べて大幅に下がっています。つまり、ここまでの結果で見ると、郵政株への投資は大失敗だったことになります。

投資初心者を炊きつけて売った結果がこれ

ところで郵政株というと、比較的投資経験が浅い人にも積極的に売っていたという印象があります。以前のページでも書いたように、定額貯金を解約させて郵政株を買わせていたなんていう噂もあるほどです。

マスコミやら郵便局員やら証券会社やらに乗せられて郵政株を買った人は、いったいどんな気分なのでしょうか。身近にはいませんが、ちょっと話は聞いてみたいですね。

また、チャートを見るとわかるように、やっぱりIPO直後に売り抜けるという作戦が、一番効果的だったように思います。1 郵政株に関しては、3社とも割高すぎるという評価もありましたからね。

配当金が変わらなければ配当利回りはさらに上昇

さて、今後郵政株を買うかどうかですが、率直にって私にはよくわかりません。財務諸表や経営内容を詳しく調べているわけではないので。

以前ざっくりと調べたときには、率直に言って、かなり割高という印象でした。ただ現在では、株価が下がって割安になっているかもしれません。

少なくとも言えるのは、配当利回りは高そうですね。配当金の額が変わらないという前提つきですが。

もともと配当利回りが高かったものが、株価が下落してより高くなっているはずです。

ただ個人的には、配当利回りはそれほど重視すべき数字だとは思っていません。それでも、わかりやすい数字ではあるので、気にする人は意外と多そうですね。

ということで、配当金狙いという意味なら、検討してみてもいいのかもしれません。個人的には特にお勧めはしまえんけど。

ちなみに読売新聞が「郵政3社の株価低迷…国債の利回り低下が影響」という郵政3社の株価解説の記事を書いています。興味があったらチェックしてみてもいいのでは。2


  1. 郵政3社の株を買うと儲かるのか?| この3社に投資する魅力はあるのでしょうか []
  2. 郵政3社の株価低迷…国債の利回り低下が影響
    読売新聞 2016年2月14日 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。