このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投資の最低限の知識が無いと自分の財産も守れません| 誰が見ても荒唐無稽な出資話に騙される人もいる

事業に出資すると1日1%の利益があると話を持ちかけられ、お金を騙し取られるという事件が起きているそうです。全国で8億円以上の被害がでているのだとか。1

いわゆる投資詐欺の一種といってよさそうですね。ただ、手口はずいぶんとずさんです。

最低限の知識があれば防げる事件

率直に言って、最低限の投資の知識があれば、この事件は防げたように思われます。常識レベルの投資知識でも見破れる話ですからね。

安愚楽牧場のような話だと、素人には見抜くのが難しい場合もあります。なにせ、元民主党代表の海江田氏が絶賛していたくらいですから。つまり、自称プロでも騙されてしまっていたわけです。

ただ今回のケースは、自力でおかしい点を見つけられます。自分のお金を守るためにも、多少の勉強はしておきたいものですね。

1日1%が明らかに嘘だとわかる理由

この出資話は、どんなところがおかしいのでしょうか。ちょっと見てみましょう。

この話で特におかしいのが、1日1%というリターンです。ということは、1年で365%の利息がつくという意味ですね。

金額で考えると、仮に100万円出資したら、元本とあわせて1年で465万円にまで増えているということになります。こんなうまい話は、世の中に存在するはずがありません。

1日1%ということは、率としてはトイチでお金を貸すような話ですよね。そんなうまい話が、向こうから転がり込むことなんてありません。

1日1%のリターンが異常であるということは、自分がお金を出してもらう側になるとよくわかります。100万円借りて1年後に465万円返す契約なんて、絶対にしようとは思わないですよね。

そんな高利で借りないといけないのなら、そんなビジネスは諦めたほうがマシです。

そもそも最近は、長期金利が一時的にマイナスになるような状況です。そんな状況であれば、かなり安くお金を借りられるはずです。

誰が好き好んで、こんな高いリターンを約束してお金を借りようと思うでしょうか。絶対にそんな人いません。

要するに、まじめに語るのが馬鹿馬鹿しくなるくらい荒唐無稽な話なのです。ですから、常識と照らして考えれば、嘘が見抜けると考えるわけですね。

もちろん騙すほうも、それなりの理屈をつけるのでしょうけどね。

3,100人も騙された!

ただ、驚いたことに、この荒唐無稽な話に約3,100人が騙されたのだそうです。こんな与太話に騙される人がいるだけでも驚きなのに、3,000人以上が信じたという事実が信じられません。

テレビ朝日の報道によると、3,100人で8.5億円ということです。一人当たり、約27.4万円を騙し取られたということですよね。

一人当たりの出資額はそれほど大きくないので、わりと騙しやすかったということでしょうか。嘘っぽい話だけど、リターンが大きいのでつい乗ったとか?

だとしても、ちょっと理解に苦しみます。


  1. 「一日1%の利益が出る」…被害は全国で8億円以上に
    テレビ朝日系(ANN) 2016年2月13日 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。