このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株式投資はギャンブルなのか?

世の中には株式投資をギャンブルのようなものだととらえている人もいるようです。
テレビのコメンテータをするような、識者と呼ばれる人の中にも、ギャンブルと決め付けて毛嫌いする人もいるようです。

実際株式投資では、投資したお金が減る事もあれば増えることもあります。
その意味では、ギャンブル的な要素があることは否定できません。

また、投資がうまく行くかどうかは運による部分もあります。
例えば、投資期間中に大きな自然災害が起こり、会社が倒産してしまう可能性もあります。

そうなれば、投資したお金を回収する事はほとんど期待できないでしょう。

自然災害が起きるかどうかは、運ですよね。
運に左右すると言う意味でも、ギャンブルに近いと言えるでしょう。

ただ、株式投資をギャンブルと決め付けて、全否定してしまっても良いものなのでしょうか。
さすがに、話はそれ程簡単ではないようです。

普通のギャンブルとは大きく異なる点も

株式投資には、通常のギャンブルとは大きく異なる点があります。
それは、人々が出したお金の総額よりも、戻ってくるお金の総額の方が大きいと考えられると言う点です。

通常のギャンブルは、人々がお金を出し合い、そのお金を運営する側と当選者で分け合います。
つまり、運営者まで含めると、支払ったお金の合計と、受取ったお金の合計が一致します。

こういうのをゼロサムゲームと言います。

しかし、株式投資の場合はちょっと違います。
株式を買うと言うのは、会社の一部を買うのと同じ行為です。

会社と言うのは、通常、どんどん付加価値を生み出していきます。
つまり、会社自体の価値はあがって行くはずです。

ですから株式投資をするということは、将来価値が増えるものを買っていることになります。
お金を集めて再配分するだけのギャンブルとは、全く異なるのです。

株式を持っていると価値が生み出されるものの一例として、配当を思い浮かべると理解しやすいでしょう。
会社が利益を上げると、その一部を株主に配当として還元します。

ゼロサムゲームのギャンブルでは、こんなものはありませんよね。

実際はうまく行かない事も

もちろん、上のような理屈がうまく行かない事もあります。
経営者が会社の経営に失敗すれば、会社の価値はどんどん小さくなるからです。

そうなれば、最終的に投資額を回収する事ができません。
バブル崩壊以降の日本は、全体としてはこの状態だと言っていいでしょう。

ただ、世界的かつ長期的に見れば、平均として会社が付加価値を生み出すと言う考え方は間違っていないでしょう。
平均で考えれば、株式投資というのは、出したお金以上のお金が返ってくる可能性が高いものと理解していいわけです。

ということで、「株式投資はギャンブル的な面もあるが、全く異なる面もある」と言うふうに解釈しておく事をおすすめします。
資産を大きく減らす可能性がある一方、確率論としてはお得なゲームなのです。

ですから、テレビなどの公のメディアの中で、頭ごなしに株式投資を否定する人の意見を鵜呑みにするのは避けたほうが良いでしょう。
株式投資に否定的なコメンテータの全員がそうだとは言いませんが、投資家に不利なものだと頭から思い込んでいる人も多そうです。

そもそも、条件反射のように話題が出ただけで嫌悪感を示しますからね。
あの人たち。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。