このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

S&P500とは| 日本で言うとTOPIX に近い指数

S&P500 はアメリカの株式指数です。有名な指数なので、耳にしたことがある人は多いでしょう。

ちなみに、S&P はスタンダード・アンド・プアーズの略です。有名な格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズですね。この会社が500社を選び指数を算出しているので、S&P500 というわけです。

S&P500 の構成銘柄は、ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場された株式のうち、代表的なものを選んでいます。1

ダウ平均株価とS&P500 の違い

アメリカの株式指数で一番有名なのがダウ平均株価でしょう。しかしこの指数は、30社の平均を出しているに過ぎません。かなりの偏った指数といえるでしょう。

ですから、アメリカ全体を現す株式指数としては、主要な500を選んでいるS&P500 の方が意味がある指数といえそうです。

また、投資するという意味では、S&P500 に連動する投資信託の方が意味がありそうです。なぜなら、広く分散されているので、リスクが小さいと考えられるのです。分散することでリスクが小さくなるのは、ポートフォリオ理論の基本ですね。

ちなみに日本で言うと、ダウ平均株価に当たるのが日経平均で、S&P500 に当たるのがTOPIX だと考えると分かりやすいでしょう。実際、日経平均は、「日経ダウ」などと呼ばれることがあります。それに、日経平均の計算方法はダウ平均株価と同じ方法です。

もっとも、日経平均は225社の平均で出来ています。ですから、ダウ平均と比べると分散されている指数ではあります。

S&P500 以外にも株式指数が

スタンダード・アンド・プアーズは、S&P500 以外にも様々な株式指数を作っています。S&P100、S&P400、S&P600、S&P1500などの指数があります。

すべての指数で数字は算出に使う銘柄数です。しかし、指数ごとの銘柄の採用基準はすべて異なります。

S&P100 なら超大型の100銘柄ですし、S&P400 なら中型株400銘柄といった具合です。

ですから、企業の規模ごとの株価を知りたい場合には、スタンダード・アンド・プアーズの指数をチェックすることになるわけです。


  1. NYSE MKT は以前はアメリカン証券取引所と呼ばれていました。そちらの名前のほうが馴染みがある方もいらっしゃるかもしれません。 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。