このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

物価連動国債はどこで買える? |個人にも解禁されましたが取り扱うところはあるのでしょうか

2015年1月から物価連動国債が個人に対しても解禁されました。

物価連動国債というのは、名前の通り国債の一種です。物価に連動したリターンがあるのが特徴で、債券でありながらインフレに対応できるというメリットがあります。

以前は個人投資家は、この物価連動国債を持つことができませんでした。しかし、2015年1月から人から物価連動国債を買い、保有することができるようになったのです。

ただ、解禁されたといっても、まだ新しく発行された物価連動国債を買うことはできません。現在の段階では、既に発行されている物価連動国債を市場を通して購入することができるようになったということです。その意味では、まだ敷居が高いのも事実です。

当面は富裕層向け

金融機関の中には、物価連動国債を富裕層向けに譲渡する動きもあるようです。例えば、みずほ証券やSMBC日興証券は、保有する物価連動国債の一部を、個人投資家に売ることを考えているようです。

ただ、1,000万円からの販売ということで、多くの個人投資家には無縁の存在と言えそうです。1,000万円程度なら、頑張れば出せない額ではないという人もいるでしょう。しかし、一つの商品に資産を集中しすぎると、分散投資が出来なくなりますからね。現実的な選択としては、庶民にはちょっと難しいと思うのです。1

物価連動国債に投資する投資信託

それでは、個人はどうすればいいのでしょうか。物価連動国債に投資する方法は無いのでしょうか。

現時点で一番現実的なのが、物価連動国債に投資する投資信託を買うことです。そういった投資信託が何本か作られていますから、それらの投資信託を取り扱っている銀行や証券会社を通して、購入することができます。

ただ、投資信託の場合は、信託報酬という手数料がかかります。その手数料を払ってまで買う価値があるかどうかというのは、検討の余地があるでしょう。

投資信託の具体例

物価連動国債関連の投資信託ですが、例えば、「eMAXIS 国内物価連動国債インデックス」という投資信託があります。

この投資信託だと、信託報酬は純資産総額×年0.432%(税抜 年0.4%)と定められています。100万円買うと1年で4,320円の手数料がかかるというイメージですね。

厳密に言うと、基準価額の変動で手数料は変わるので、最終的にどの程度手数料がかかるかは売るまでは確定しません。まあ、だいたい100万円分買ったら1年に4,000円前後かかると思っておくと良いでしょう。

ちなみに、この投資信託はSBI証券などで購入が可能です。

2016年10月からは個人が新発債を買えるようになる

ちなみに2016年10月からは、ゆうちょ銀行などを通して新発債が購入できるようになる見通しだという事です。この場合は10万円から購入可能になる見通しのようですから、個人でも買いやすい金額になりそうですね。

特に投資を急いでいない場合は、このタイミングまで待ってもいいかもしれません。とは言え、投資は運用時間が長いほうが有利です。ですから、どう行動するかはちょっと難しいところでもあります。


  1. 物価連動債 個人に照準 証券、富裕層向け販売
    2015/1/3 1:30日本経済新聞 電子版 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。