個人向け国債で資産運用するのは賢い選択| 特に「変動10年」がおすすめ

リスクを取らずに資産運用をしようという方には、個人向け国債がおすすめです。特に「変動10年」を利用するのが賢いのではないかと思います。

このページでは、個人向け国債の基本的な仕組みのご紹介をしていきます。その上で、なぜ個人向け国債が良いのかについても説明します。

個人向け国債の手数料

個人向け国債に投資する場合は、何か特別な手数料はかかるのでしょうか。かかるとしたら、どの程度の手数料がかかるのでしょうか。

債券への投資の経験が無い人には、気になるところですよね。

5年間の運用でも「変動10年」の個人向け国債がおすすめ

運用期間が5年しかない場合、個人向け国債で運用するとしたら、5年もの個人向け国債を利用する人が多いでしょう。5年間の運用だったら、5年ものを買いたくなるのが自然な思考ですよね。

しかし、冷静に計算してみると、「変動10年」の個人向け国債を5年で解約する方が有利です。これを知らないで5年物の個人向け国債を買うのは、ちょっともったいないです。

定期預金を選ぶなら個人向け国債を

元本保証の資産運用を考える人の中には、定期預金を作る人も多いでしょう。でも、定期預金を作るくらいなら、個人向け国債を買うことをおすすめします。

銀行は預金で集めたお金で、国債を買います。つまり、私達の預金は国債に回っているのです。でも、国債は個人でも買えますよね。しかも、個人が直接買った方が、預金よりも有利です。

はっきり言って、定期預金を作る人が、国債を買わない理由が分からないくらいです。

国債が暴落しても、個人向け国債は意外と大丈夫

何年にもわたって、国債の暴落するといい続けている金融の専門家がいます。そういった意見を聞くと、国債に投資するのが怖くなる人もいるでしょう。

ただ冷静に考えると、万が一国債が暴落しても、個人向け国債は意外と安全です。なぜかというと、個人向け国債には、元本保証の仕組みが付いているからです。

もっとも、国債の暴落が本当におこる確率は、かなり低そうですけどね。暴落論者はもう何年も言い続けていますが、一向にそれらしい気配はありません。

個人向け国債はかなり有利です

個人向け国債は、率直に言って、かなり有利な商品だと考えられます。

まず有利なのが、金利が高いことです。メガバンクの定期預金金利と比べてみれば、その違いは一目瞭然です。

もう一つのメリットが、途中で解約しても元本保証されるということです。多少の手数料はかかりますが、元本割れは起こさない仕組みになっているのです。

個人向け国債は国債の暴落にも強い

ここすうねん、ずっと、国債は暴落すると言い続けている人たちがいます。これだけあたらないと、あまりリアリティはありません。それでも、多少心配な人もいるかもしれません。

万が一でもおきたら怖い国債の暴落ですが、実は個人向け国債はそれに対処できる商品です。国債の暴落に国債で対処すると言うのは、おかしな話に聞こえるかもしれません。しかし論理的に考えると、確かに国債の価格下落に個人向け国債は強いのです。

メリットとデメリットを整理

個人向け国債で資産運用をするメリットデメリットを整理してみました。こうやって見ると、やはり、個人向け国債はメリットが大きい商品だと思います。

もちろんデメリットもあるので、他の商品などで補うことが大事です。

途中で解約しやすいのがメリット

元本保証の金融商品を選ぶ時に大事なポイントの一つは、途中で解約しやすいかです。

金融商品の中には、満期が来るまで途中で解約を認めない商品もあります。また、途中で解約が出来ても、大きなペナルティがあり、元本割れするものもあります。こういう商品を選ぶと、解約したいときに解約することとが出来ません。

その点、個人向け国債は、購入から1年以上経っていれば、いつでも解約が可能です。また、解約により元本割れすることもありません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。